家

投資マンションを買おう|株式だから安心して投資できる

民泊のこれからの動向

背広の男の人

民泊ビジネスは旅行業法の一部地域での適用除外により注目されるようになっています。その前からすでに、airbnbによる民泊ビジネスは都心部では多く行われていますし、それまで借り手がつかずに空き部屋だったところが大きな収益を上げているケースもあります。東京オリンピックを控えることや、海外からの旅行客の増加を背景にして、今後はさらに登録数は増えると予測されます。その中でいかに差別化を図るかという点で、代行業者選びが重要となります。と言うのも、海外旅行客に人気を集める部屋はどのようなものか、専門のインテリアデザイナーやコーディネーターに相談する必要があるからです。そして収益を高める部屋は、外国人に喜ばれる内装となっているものです。

airbnbの利用には注意も必要です。海外の旅行客は全てが安心できるわけではないからです。中には室内で違法行為をしたり、あるいは騒いだりトラブルを起こす人もいます。そのようなことが起こらないように、適切に対応できる代行業者が必要になります。また、稼働率を高めるためにもairbnbでのリスティングで魅力をいかに伝えるかも大切です。代行業者の中には、プロのカメラマンが室内写真を撮るところもあります。また代行料金もそれなりに必要となりますが、サービス内容を取捨選択することで料金プランを安く抑えることも可能です。室内の清掃やリネンの交換など自分でできることは自分で行うのも、airbnbの賢い利用方法です。